社会福祉法人 ひさの里 特別養護老人ホーム ふじの木園 障がい福祉サービス事務所 ふじの木村

スタッフインタビュー

  • 介護職 釜床 亜沙美
  • 介護職 太田黒 由貴
  • 介護職 渡邊 慎矢
  • 介護職 有富 佳奈

vol.3:介護職 渡邊 慎矢 安心を与えられる、ケアスタッフになりたい。

何気ない「ありがとう」が、きっかけです。

もともと、自分はおばあちゃん子だったということもあるんですが、
中学生のころに職業体験があって、
それで介護老人ホームに行かせてもらったんです。
実際に行ってお手伝いをしてみると、
単純に「ありがとう」と言われることがうれしいなと感じました。
その後、高校は介護とはまったく関係のない普通高校に行きましたが、
将来の進路を考えたとき、中学生のころに感じた介護の魅力を思い出し、
専門学校の介護専門コースに進んでみようと思いました。
僕にとってあの何気ない「ありがとう」は、
大きな「ありがとう」だったんだと思います。
ふじの木園には学生のとき、一度見学に来たのですが、
施設がすごくキレイで清潔なところが気に入りました。
カラオケルームやシアタールーム、大浴場まであり、
自然に囲まれているところも良いですよね。

利用者さんのことを、もっともっと知っていきたいです。

働き出して2か月が経ちました。
実際に働き出してみると、思っていたより難しいところもたくさんあります。
例えば、ケアの際、僕の声掛けに対して、拒否される利用者さんもいます。でも拒否されたからといってケアをしないわけにはいきませんから、
その時はどうしていいか分からないことがあります。
また、タイミングによって利用者さんの意思が変わることもあります。
僕もそうですが、
日常生活のなかでも心変わりすることはたくさんありますよね。
介助する場合は、それがすごく難しいと感じます。
何度もお声掛けを繰り返して、本心を探っていくことが重要ですし、
もっともっとコミュニケーションをとって、
利用者さんの性格を知っていけたらなと思っています。

最初は、ひとりで介助をするのが不安でした。

施設実習は専門学校のときに2回ありました。
食事介助の時にむせないようにすることや、
オムツの交換など、学んだ知識はちゃんと仕事にいかされています。
しかし、実習と実際の仕事では、違うところも多いです。
一番の違いは、実習だったら常に担当の職員さんが付いていたので困ったときは聞けばよかったのですが、
今は学生ではなく資格を持ったプロですので、
一つひとつの行動を自分で判断してやらなくてはいけません。
初めのうちは、ひとりでやれるかどうか不安でしたが、
先輩方の助けをもらったり仕事に慣れてくるうちに、
その不安も徐々になくなってきました。
利用者さんお一人お一人の生活を支えるのが私たちの仕事ですので、
利用者さんの安全に気を配り、
常に緊張感を持って接していきたいと思います。

利用者さんとの距離が近づくほど、やりがいは増えていきます。

仕事を終えて帰ろうとしたとき、
利用者さんに「また来てね」と言われたことがありました。
すごくささいなことかもしれませんが、
自分にも気を配っていただいたことが本当にうれしかったし、
ありがたかったです。
自分のユニットには、認知症のある方もいらっしゃるので、
コミュニケーションをとることが困難な方もいらっしゃいます。
でもだからこそ、利用者さんの方から気をかけてくださることがとてもうれしいんです。
これから利用者さんとの距離が近づけば近づくほど、
やりがいはどんどん増えてくるんじゃないかと思っています。
この仕事では、相手を尊重することが何より大切だと思います。
その人らしいくらしができるよう、
お一人お一人の気持ちにより添いながら、ケアをしていきたいです。

安心を与えられる、ケアスタッフになりたい。

覚えるのが遅いのでまだまだ周りに迷惑をかけていることが多く、
はやく一人前になって、先輩を助けられるようになりたいです。
先輩は、利用者さんへの観察力がすごいんですよね。
僕では気づけなかったことに気づかれるので。
しかし、入った当初より、
ちょっとずつ色々なことが見えてくるようになってきました。
今後の目標は、「この人だったら大丈夫」と安心してもらえるようなケアスタッフになること。
一つひとつのことを丁寧に頑張っていけば、
信頼は後からついてくるのかなと思います。
そのために、お声掛けを積極的にして、
まずは顔を覚えてもらいたいです。
利用者さんが、「ふじの木園に来てよかった」と思っていただけるよう、
これからも頑張っていきたいと思います。

profile age:20歳、職種:介護職、入社年度:平成25年

休日の過ごし方や趣味など

休みの日は、よく友達とビリヤードをしています。初任給で買った携帯ゲーム機に、最近はハマっています。

message 先輩から渡邊さんへ 布上 憂輩より

「彼はどのご利用者に対しても、すごく丁寧に接することができ 彼の笑顔は周りの雰囲気を明るくしてくれます。
今はまだ分からないことが多いと思いますが、ゆっくりで良いので一歩ずつ前に進んでほしいと思います。」

message 「緑に囲まれた素敵な職場だと思います。ぜひ一度見学に!」

「就職をお考えの方」へ

偉そうなことを言うようですが、
初めはどんな方でも初心者だから、難しいこともたくさんあると思います。
ですが、めげずにがんばってください!
慣れるまでの辛抱です!

このページのトップへ戻る

copyright ©  社会福祉法人 ひさの里 all rights reserved.