社会福祉法人 ひさの里 特別養護老人ホーム ふじの木園 障がい福祉サービス事務所 ふじの木村

ひさの里のご紹介 各施設の紹介など

ふじの木村について

本当に良いものは、あたたかな人の手から生まれます。

ふじの木村は平成14年に障がい者小規模作業所(※1)として発足し、
平成19年より障がい福祉サービス事業所として
「自然パン工房」と「手づくり工房」を運営しています。
障がいを持った方々と健常者の方々が接する機会を広げ、
障がい者への理解を育み、お互いのコミュニケーションづくりを大切にすることを
事業展開の基本とし、障がい者の自立の一助となるように取り組んでいます。

また、ふじの木村では多くの方にとって、心安らぐ場所になるよう
「水車小屋」や「藤棚」など、村内の環境を整え地域の方々をお迎えしています。

(※1)小規模作業所とは
一般の企業などで働くことの困難な障がいのある方の働く場や活動の場として、障がいのある方、
親、ボランティアを始めとする関係者の共同事業として、地域の中で生まれ運営されているものです。

INDEX

このページのトップに戻る

ふじの木村のこころ

ふじの木村は、ご利用者との絆を深め、互いに感謝の念を抱き、心からの笑顔が生まれる環境を共に築き、
個々では社会参加することが容易でない障がいを持った方々が、ふじの木村を通じて社会と繋がり、
喜びを見出せるよう、ご利用者と心をひとつにして日々の支援に臨みます。

このページのトップに戻る

自然パン工房 障がい福祉サービス事業所

香ばしいパンの匂いがあたりに漂います。焼きたての食パンを目当てに、開店前から訪れる常連さんも。

平成14年に開設。
厳選素材と丁寧な製法にこだわった食パンを毎日、早朝から焼き上げ、その日の内にお届けしています。
地域の一般家庭や近郊の企業でのグループ購入も承っています。
「ふじの木園」でもオーダーを受け、利用者の皆さまやご家族にも好評です。

【地域の方とのつながり】
利用者のみなさんは、パン製造だけではなく、販売の現場やご家庭・職場などのお届け先に出向くことで、地域の方とのつながりを深めています。

【こだわりの食パン】
厳選した小麦本来の味を引き出す為に、イタリア、シチリア島トラパニの塩田で作られた、ミネラルと地中海の旨みをたっぷり含んだ天日干し海塩を使用し、良質のバターと無添加の純正マーガリンと合わせ、生クリームでやさしく練り上げています。また、発酵促進剤を使用せずに手間と時間を掛け、じっくりと熟成させ、丹念に焼き上げました。
ふじの木流にアレンジした、こだわりの食パンです。

このページのトップに戻る

手作り工房 障がい福祉サービス事業所

一つひとつ、心をこめて。優しさと温もりがつまった作品は、地域の皆さまにご愛用いただいています。

温もりのある布製品や布ぞうり、マスコット、牛乳パックをリサイクルして作るすき紙のカレンダーなどを製作、販売しています。また、「手づくり工房」の作品を介して、「ふじの木園」のご利用者のみなさんとも交流を図っています。

※布などの材料のほとんどは、地域でご支援くださる皆さまにご協力いただいています。

このページのトップに戻る

ふじの木村の環境

ふじの木村では多くの方にとって、心安らぐ場所になるよう「水車小屋」や「藤棚」など、村内の環境を整えて、
保育園の園児さんや、地域のみなさまをお迎えしています。

水車小屋

ふじの木園の入り口に位置する水車小屋。
涼やかな水音を響かせながら、皆さまをお迎えします。

藤棚

5月に満開になる藤棚は地域の方にも人気の遠足スポットです。
ウォーキングの途中に藤棚の下でお弁当を開いて行かれる方も。
「ふじの木園」でも5月に「藤の花見会」を開催しています。

このページのトップへ戻る

copyright ©  社会福祉法人 ひさの里 all rights reserved.